非エロな上海放浪記 Part2

上海の上海浦東国際空港につくなり日本人特有のスーツケースにベルトが付いているのをみると
へんなコンシェルジュ風のおばさんが近寄ってきます…

そして、市内までのホテルは他のタクシーダメネ、うちのハイヤーツカウトイイネ…と巧みな日本語で誘惑してくるのです。
確かにすごくいい車(テッカテカのブラック)なのですが、
特に興味があるわけでもなく話だけきくと受付で清算しタクシーで送ってくれるという…

写真 2017

この手で危険な匂いがしたのは料金の二重取りです。
受付で支払い、タクシーの下車時にも請求される場合があります。

一見受付のオババにはタクシー代を支払っているかのように見えますが、
オババの言い分としてはタクシーの呼賃、つまり予約料のことです。
このオババに渡す料金と、タクシーの料金はまた別物、
料金二重取りですね。

タクシー下車時には時すでにお寿司、
タクシーの運転手にはオババに渡したといい領収書を見せたりなんやかんやしても
それ予約表だよ、運賃払ってねといわれることでしょう。
そして、オババは空港で新たなカモを探しているのです。

その額も結構なもので、オババの提示した金額が日本円で約4,000円程度
当然、ワレワレワタクシー乗り場に向かいます、とあっさり断りホテルに向かうのでした。
でも、こういう被害にあいそうになるのもなんだかスリル!!と思い、
帰りの空港でもう一回オババを見たい!!会いたい!!と、オババのいる場所にいくと…

写真 2017

でたwwwwww(゚Д゚ノ)ノ
おばさん、あんたこの間もいたでしょ!!
ん!? 今日は別のオババやんけ!!

写真 2017

写真 2017

今日は何やら他の人員もいるみたいで…
その昔、タイのバンコクに行った際に初めての海外詐欺っぽいのにあったのが、
トゥクトゥク詐欺でした(笑)

ソンブーンというメリディアンから近い有名シーフード店にトゥクトゥクで連れてってくれといったものの、
どうやら知らなかったらしく、適当にここがソンブーンや!と降ろされたことがありました。
その時、疑いもせずソンブーンは外の野外で食べるお店なんかとそこで食事を済ませましたが、
その店の正体はただの民衆野外食堂で現地人に合わせて作っている料理がでてくるので辛いのなんの!!

この時の被害総額はトゥクトゥク乗車代金100円とそのお昼代300円くらいでした。
ガイドブックは読み込まないといけませんね(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする